SSブログ
隕石 2013 ブログトップ

隕石 2013 2月16日 日本 時間 方角 場所 [隕石 2013]

隕石 2013 2月16日 日本 方角は
2月15日 小惑星 東京 大阪 名古屋 方角
は、ここに注意してください。

隕石 2013 2月16日

本日ロシアに、隕石が落下したことで
日本への落下が

懸念されています。



今回の隕石ですが

直径 45メートルの
小惑星【2012 DA14】とされています



宇宙規模の隕石としては、小型のようですねが、

しかし、もしこんなのが
衝突するかと、思うと

ゾッとしますよね!


そして、今回隕石のかけらが?


ロシア中部で、隕石(いんせき)とみられる物体が落下したとニュースに

なっています。


その隕石落下の衝撃で、

広い範囲にわたって建物のガラス窓が割れ、およそ100人がけがをしました。



ロシア中部のチェリャビンスク州などで、現地時間15日午前9時すぎ、

空から火の玉のような物体が、白い煙を残しながら落ちていくのが目撃されました。

こんなの、地獄絵図ですよね

火の玉が、落下なんて!


そして

この、隕石による衝撃が

建物のガラス窓を、割り!


現在のところ

100人がけがをしたということです。



ちなみに今回大接近の隕石

DA14は2012年の2月にスペインの天文学者によって発見されたものです。


天文学からすると非常に近い距離まで
接近します。


なんと

人工衛星の内側にまで
小惑星が近づきます。



もし仮にの話になりますが

衝突した場合の予想として


小惑星が地球に衝突する場合には、
まず大気圏に突入する際に

45メートルの直径が圧縮された空気によって超高温(約10,000度)でばらばらになります。


そのかけらが、降ってくる訳ですね。


そして、隕石 2013 2月16日
日本には?


小惑星 東京 大阪 名古屋

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2013年2月16日(土曜日)朝5時ころ、

直径46メートルの小惑星が月よりも近くをかすめます。


西の空、獅子座を横切るようです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

星の明るさとしては

7等星相当の明るさの為

非常に暗く、肉眼で見ることは難しいようですね。


2013年 2月15日 小惑星 東京 大阪方角は?

南西の空を双眼鏡で見れば

もしかしたら、見えるかも

しれません。
隕石 2013 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。